夢日記

Never Stop Exploring…  人生を最高の旅にする

自称イクメンパパやってます。

 ただ、子供が私に付き合ってくれてるみたいだ

話が入りやすくなるように、始めに、家族構成を載せておく。

 

家族構成

  • 長女(3歳)
  • 長男(1歳)

 

  さて、今回のストーリーは、仕事を終え、帰宅後の出来事...。

 

 妻の話によると、子供達は遊びにも飽きてきた夕方に近づいてくると

 

子:『パパまだ〜?』『もう仕事終わるかな〜?』と電話をしたがるそう。

 

そうしていると、仕事を終えた私はドアの鍵をガチャっとあけると...。

 

 

ダダダダダダー!!!!

子: パパーー×2、おかえりーー×2、ここーー?×1

 

という感じの出迎えで、一気に疲れも吹っ飛び、追いかけ回す。

 

 

そこから、その日の話を聞いたりしながら、

いつのまにか、とんでもないおとぎ話になっていたり、

舞踏会のステージなっていたりと、一瞬たりとも気が抜けない。笑

 

 

食事の前に、本を読んだり、レジの定員、お客さん、その友達?に

なったりして遊ぶこともしばしば。

 

 

ここで、よく思うのが、パパが好きになってきたかな〜?という妄想

 

そんなことを思いながら、永遠と続く業務を言わば半強制的に

違う次のことに移行しようと仕掛けると、当然,,,

 

 

子: 嫌だー!!まだしよー!!今、電話してるからわからない!?

と言ってきて、逃げ場を無くしてくる。

 

 

そんなしてると、子供の司令官、いや、もはやヒーローなのか?

いつも通りママがやってくる展開!!

 

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ここからよくありがちなパターンです。

 

ママ: なにこれ???

誰が出したの???

ちゃんと片付けてよ!!!

パパも遊んだんだから片付けてよ!!!

ブツブツ言わずに、早くしてー!!!

 

片付けながら、ぐずりながら眠くなった子供達は口をそろえて言うんです。

 

 

 

 

ママのほうがいいー!!

パパ好きじゃないもん!!

パパよりママがいいー!!

 

 

ん?

 

 

 

どうも、夢を見ていたみたいです。

 

遊んだ直後ぐらい、好きと言ってくれてもいいよね。笑

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村